PW-AC910 HOME画面の裏で表示される辞書と先祖返り

Top>Contents>PW-AC910 HOME画面の裏で表示される辞書と先祖返り

PW-AC910にて確認。故障やデータが消失しても、当方は責任を負いかねます。

基本編

  1. SelectorとceOpener(InputSwitchをサブLCDに表示しておくこと)を起動させる。
  2. [HOME]ボタンを押して、HOME画面を表示させる。
  3. [切替]ボタンを押して、Selectorを表示させる。
  4. [切替]ボタンを押して、画面を戻す際にタイミングよく[一括検索]~[会話アシスト]ボタンのいずれかを押す。この時、InputSwitchが消えてすぐ押すと成功率が高い。
  5. 成功すれば、上画面はHOME画面で、下画面は手書きパッドなどになる。キー操作は裏で表示されている(であろう)検索画面に取られているが、タッチ操作はできる。ダイアログは表示される(単語帳登録など)。
  6. [HOME]ボタンを押すと元に戻る。

応用1 HOME画面から直接検索画面を開く

  1. [辞書メニュー]ボタンを押して、辞書メニューを表示させ適当に分野を選ぶ。
  2. [HOME]ボタンを押して、HOME画面を表示
  3. 先程同様にSelectorを開閉し、タイミングよく[1(Q)]~[9(O)]キーを押す。
  4. 先程閉じた辞書メニューの分野の該当番号の辞書が開く。

応用2 HOME画面最上段の項目のショートカットキー

  1. 辞書メニュー以外を開き、[HOME]ボタンを押してHOME画面を開く
  2. 2 Selectorを開閉させ、タイミングよく[1(Q)]~[4(R)]を押す。
  3. PW-AC910の場合、[1]を押すと辞書メニュー、[2]を押すと古文・漢文(動画)、[3]を押すと電子ブックリーダー、[4]を押すとテキストメモが表示される。

応用3 辞書メニューを分野が選択された状態で開く

※通常HOME画面から辞書メニューを開くと必ず国語系になっているはず。
  1. 辞書メニュー以外を開き、[HOME]ボタンを押してHOME画面を開く
  2. Selectorを開閉させ、タイミングよく[0(P)]を押す。
  3. もう一度Selectorを開閉させ、タイミングよく[1(Q)]~[7(U)]を押す。うまく行かなければくりかえす(このとき、後述の現象が発生する可能性あり)。
  4. PW-AC910の場合、[1]を押すと国語系、[2]を押すと英語系、[3]を押すと健康、[4]を押すと生活、[5]を押すとビジネス、[6]を押すと旅行、[7]を押すと便利機能が選択された状態で表示される。機種により異なる。能力開発と各分野2ページ目は直接表示不可。

本題1 先代の機種のメニューを表示する

  1. 辞書メニュー以外を開き、[HOME]ボタンを押してHOME画面を開く
  2. Selectorを開閉させ、タイミングよく[0(P)]を押す。
  3. もう一度Selectorを開閉させ、タイミングよく[A]を押す。
  4. うまくいけば、見慣れない画面が表示されるはず。

本題2 先代の辞書メニュー(?)を表示する。

本題1と手順はほぼ同じ。手順3で、[0(P)]を押すと、一瞬だけ表示される。

考察

・応用1と応用2は同一の現象であろう。内部的には、HOME画面の最上段は辞書メニューの一部だと推測。
・応用2について、古文・漢文が表示される理由は、PW-AC910の場合、『(HOME画面)→カラー図鑑(動画)→[2]動画を見る→[2]古文・漢文』だからであろう。
・応用3については、古い機種の遺産だと思われる。
・先代の機種のメニューを固定的に表示できることも確認済だが(操作可能)再現できていない。